結婚内祝いの贈り物【のしの書き方や選び方】

内祝いのギフト選びのポイント

ウェディング

結婚内祝いのマナー

結婚内祝いに最適なギフトのランキングです。また、結婚内祝いのマナーについても紹介していきます。

READ MORE
内祝い

相手や自分の状況

内祝いを贈る際は、贈るタイミングや時期にも気を遣わないといけません。例えば、贈り先に不幸があったときは、他の方と同じように贈ってはいけないのです。

READ MORE
ギフト

最適なギフトとマナーについて

敬老の日に贈るおじいちゃんおばあちゃんに、オススメのギフトについて紹介します。

READ MORE

日本特有の文化「のし」

贈り物を送る際には、中のギフトだけでなく「のし」にも気を遣うようにしましょう。

「のし」について

結婚内祝いの「のし」

結婚内祝いの「のし」には水引が印刷されたのしを使用します。水引には、色・本数・結び方に種類があるため結婚内祝いに適した「のし」をしっかり選びましょう。色は紅白または金銀を選びます。また本数は10本の結び切りをされたものを選びましょう。

「のし」の表書きについて

「のし」の表書きは、どのような目的で贈ったのか書く必要があります。結婚内祝いの場合は、「内祝」や「寿」と毛筆や筆ペンで濃ゆく太く、書くようにしましょう。

「のし」に書く名前

「のし」に書く名前は、連名と呼ばれる新郎と新婦の名前を並べるように書くのが一般的です。名前の書き方にも苗字を中心に書きその下に二人の名前を書く方法、名前のみ、旧姓の苗字のみなどの書き方は様々です。

「のし」の包装の仕方

のしの包装の仕方には、内のしと外のしとあります。内のしの場合、配送をお願いする場合やぱっと見てどなたからの贈り物か分からないようにするために選ばれることが多いです。反対に外のしは、どなたから贈られてきたのかすぐに把握できます。

結婚内祝いのマナーについて

花

内祝いの金額

内祝いを贈るときは、金額にも気をつけることが大切です。だいたい頂いた結婚祝いの半分の額を目安に選ぶようにしましょう。

贈る時期

内祝いを贈る際は、基本挙式後やお祝いを頂いてから1か月までに贈るようにします。もし、時間がなかなか取れずに遅れそうだと感じる場合は、事前に連絡をしておいたり、早めに手配をするなりしておくと、スムーズに行きますよ。

[PR]

【PR】
結婚内祝いはこちらで買おう!
可愛いものがたくさん揃っていますよ。